視力回復するために、レーシック手術を行うべきなのか?視力回復トレーニングで効果があるのか?と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
視力回復トレーニングを行っている人も、レーシック手術に興味を持っている人もいるでしょう。

スポンサードリンク

視力トレーニングとレーシック手術

本当に手術は成功するのだろうか?確実に視力が回復するのだろうか?と色々と、疑問に思うこともあるはずです。
そのような人の為に、レーシックについてお教えしましょう。

どの視力回復方法が自分に適しているのか?というのは、方法の内容をまず知る事から始めましょう。

レーシックとは、「レーザー屈折矯正手術」というのが正式な名称となっています。
元々欧米で、一般的な治療法として行われているレーシックですが、エキシマレーザー装置を2000年に厚生労働省が許可してから、日本でも広まっていく事となりました。

歯科治療でもレーシックは行われていますが、最も安全性の高い手術として外科でも行われています。

どのような手術内容かと言うと、角膜を削って光の屈折角度調整を行い近視を矯正するというものです。
結果、視力回復となり今まで使用していためがねやコンタクトが不要となります。

外来でもできる手術なので、非常に短時間で行えるという事が、メリットでもあります。
どのくらいの時間がかかるのかというと、片目で約20分となっています。

手術後も、特に異常がなければ、少し休憩するだけでその日に帰宅する事も可能です。
また、入浴も手術当日から可能となっています。
ただし、手術翌日の再検査は必ず行わなくてはいけません。

短時間で行える安全性の高い手術方法となっていますが、やはり目を手術する事は抵抗を感じる人も多いでしょう。
しかも、経験豊富な医師の場合ならともかく、そうでない場合100%の確立で成功するとは言い切れないのです。

様々なことを考えて、やはりどうしても不安になってしまうという人の場合、視力回復トレーニングを地道に行う事をお薦めします。

手術ではないので、すぐに回復する事はできませんが、手術による失敗という事はないので安心できるのではないでしょうか?

それぞれの視力回復方法のメリットとデメリットを知り、自分が納得いく方法を選ぶとよいでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

レーシック手術と視力回復トレーニング:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://h.fo20.com/lasik/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。